小池凛ちゃんの新作「小池凛 りん14歳 ~悪戯~」は、前二作とはうってかわって「過激」さが息をひそめ極めて普通、というよりここぞというところで見せない我路編集となってしまってる。それぞれのチャプターも短くこれからというところで映像が切れてしまい全体的に抑揚のないかなり眠い映像が続き、前二作の作り込んだ映像とは180度の転換とも言える。これは我路先生の手抜きかそれとも凛ちゃん周辺のご意向なのか。いずれにしても、小林万桜ちゃんの時のような写真集のオマケ映像程度でしかない・・・・と思っていたら、
なんとホントに写真集が出ていた。ずるい。ていうかどこの書店にもおいてない。写真集では心交社泉明日香ちゃんのTバックシリーズが圧倒しているから対抗したい気持ちもわかるが我路先生に一言っておく。このままズルズルと小林万桜化することだけは避けていただきたい。だいたい小池凛ちゃんももう中学卒業なのだから最期がこれではちょっと残念である。せめて万桜ちゃんのラストようにドカンといってほしかった。もちろんこれでも
ビギニの横ひもが透明になっていたり他に比べれば十分「過激」だが、映像作品としての完成度は前二作に比べれば格段に落ちる。やはりラストがこれではさびしい。それともまだ何か隠し爆弾でもあるのだろうか。
小池凛ちゃん「りん14歳~悪戯」をEIC-BOOKで購入
小池凛ちゃん「小池凛 りん14歳 ~悪戯~」をamazonで購入
小池凛ちゃん新作写真集「愛妹」をamazonで購入


小池凛ちゃんの生年月日だが、DVDには1992年2月11日とあるが、所属事務所のプロフだと1993年2月11日となっている。どっちが正しいのだろうか。1993年であることを乞い願う。ちなみに彼女はダンサーらしい。動きは確かに俊敏さをかいまみせている。私としては、お団子結びと浴衣が似合う彼女には時代劇女優を目指してほしい。

U15映像をタブレットで見れる。レンタルもあり

コメント & トラックバック

No comments yet.

コメントする

カテゴリー

アーカイブ