4月13日に発売予定だった三花愛良ちゃんの新作DVDが発売延期になったと秋葉原のU-15専門ショップおいも屋本舗のブログに書かれていたが、とうとうEIC-BOOKでも予約取り扱いがストップした。「リアル上巻」「リアル下巻」
ともにアウトである。情報確度が高いEIC-BOOKだから発売中止はほぼまちがいない。それとも本当に「完売御礼」なのか。しかしおいも屋本舗ははっきり「発売延期」と言っている。中止か延期か。いったい何が起っているのか。もうわけがわからない。大西杏奈ちゃんの新作はまだ予約を受け付けているのである。恐ろしいのはこのまま芦田実沙寿ちゃんの新作までもが発売中止になってしまう事である。日本の出版社はいかんせん弱腰だから、Tバック、Vバックがダメだというのならその可能性は多いにある。私はTバックそのものにはあまりこだわりはなかった。しかし失って初めてその大切さを実感するときがある。私は気づいた。少女たちのTバックは美しい。美しいものなぜいけない。だがそうかと思うと心交社こんなのこんなのをリリースしてくる。私自身はどちらもあまり美しいとは感じないが、泉明日香ちゃん三花愛良ちゃんのTバックものも廃盤にはしていないから心交社だけはいまのところ強気だ。
かつてAVで「素人ナンパもの」が一世を風靡した頃があったがスカウト規制であっという間にしぼんでしまったことがある。ヤラセナンパの質の低い作品ばかりになってしまったのである。もし”Tバック規制”が本格化してしまうと、U-15界にもヤラセ、具体的には年齢詐称のチープで質の悪い作品が増える可能性がある。この先U-15の世界がどのような運命をたどるのか予断を許さない。今が雌伏の時なのか、はたまた暗黒時代をむかえてしまうのか。カギはやはり3月31″発売予定”の大西杏奈ちゃんの新作「あんな12歳」が無事に発売されるかどうかにかかっている。無事に発売されるとすれば我路先生もまだ強気だ。
ところで小池凛ちゃんの最高傑作「愛妹」はamazonでは現時点で最高29,800円の値をつけている。

U15映像をタブレットで見れる。レンタルもあり

コメント & トラックバック

No comments yet.

コメントする

カテゴリー

アーカイブ