来月15日発売予定の「WANTED Vol.1 MISUZU age13 13歳の逃避行」というのがあるのだが、出演者が不明で気になっていたのだが、まさかと思ったらやはりそうであった。芦田実沙寿ちゃんのブログにこの作品のジャケ写が掲載されている。私の美しい実沙寿ちゃんをよくもまあここまで薄汚く撮ってくれたものだ。「Cat Model Project」のメーカーだが私は見た事がないのでよくわからない。しかしブログは三ヶ月ぶりの更新だというのに来週発売の新作と先月発売中止になった作品についてはなんにも書かれてない。来月海王社会田我路U-15シリーズからから発売予定だったが中止になった彩音ちかちゃんはブログで「11月に発売だよ」と明言しているのとは大きく違う。こうしたブログというのは事務所の管理下だろうから必ずしもご本人が書いた記事とは限らないが、それらのことについてはまるで触れたくないかのようである。それともたまらないDVDはもうやらないのだろうか。女優を目指す実沙寿ちゃんがいろいろなことにチャレンジするのはすばらしいが、ビッグになるには忘れてはならないことがある。それは「何ができるか」ではなく「誰を知っているか」である。もちろん才能は大事だし必要条件だが、あまりレベルの低いところでレベルの低い人とレベルの低い仕事をしていてはずうっとレベルの低いままである。仲村みうちゃん小池凛ちゃんのようにたまらなアイドルとしてたまらなDVDを出して注目を集めれば、レベルの高い人に接触する機会はがぜん高くなる。そう言う点では泉明日香ちゃん親子のやってることは決してまちがいではない。すべて計算ずくなのだ。有名になるためなら何をしてもいいのかって? 冗談ではない。私だってチャンスがあれば違法でない限り何だってやる。実沙寿ちゃんもぜひたまらなアイドルを続けてほしい。極論を言えば、何もできなくてもいいのである。レベルの高い人と接触していれば、自然に才能は磨かれていく。
ところでその小池凛ちゃんはこれからどうなるのであろうか。彼女は頭の形がとってもきれいだ。うなじのラインもとてつもなく美しい。着物が抜群に似合う女性である。細く切れ長の眼は、ギョロ目の女ばかりがもてはやされる昨今においては50年に一人の逸材だ。正統派日本美女である。土屋アンナのようなギョロ目の女が花魁などやってもリアリティーの欠片もない。まちがいない。凛ちゃんは今すぐにでも時代劇のスーパースターになれる。俊敏な身のこなしは殺陣だってスパッときまるだろう。ハリウッドや香港のいんちきチャンバラ映画でもいい。凛ちゃんならルーシー・リューをも軽ーく越えられる。でもその前にもう1本だけたまらなDVDを出してほしい。
いもうとたちの美しく輝かしい、そしてたまらない未来に夢を馳せ、私は明日も生きるのである。たまらない。ほんとにもうたまらない。
ところで来週20日発売の実沙寿ちゃんの新作は、秋葉原のラムタラメディアワールドアキバではすでに店頭に3,500円で平積みになっている。「あんな12歳」も堂々と店頭で買える。暗黒時代の到来はまだ先のようである。だが心交社の高露出作品が1本もおいてないのが気になるが、写真集は三花愛良ちゃんのTバック写真集「はいちゃった。」も平置きされているので、DVDがないのは一時的なものと思われる。そう願いたい。泉明日香ちゃんの作品はDVD写真集とも通常通り販売されている。
芦田実沙寿ちゃんの新作「Noah 31 芦田実沙寿」を
EIC-BOOKで予約
楽天市場ジョイアで予約
芦田実沙寿ちゃんの新作「WANTED Vol.1 MISUZU age13 13歳の逃避行」を
EIC-BOOKで予約
楽天市場ジョイアで予約
泉明日香ちゃん新作「明日香のTないと」を
EIC-BOOKで予約
楽天市場ジョイアで予約
心交社の高露出作品

U15映像をタブレットで見れる。レンタルもあり

コメント & トラックバック

No comments yet.

コメントする

カテゴリー

アーカイブ