心交社によるTバック小学生第一弾三花愛良ちゃんのTバックデビューから8ヶ月、いよいよ10歳美少女のTバックの登場である。4月に登場した9歳の朝水れいちゃんに比べると本当に美形である。映像でみるとよりかわいらしい。いまひとつ小学生らしさに欠けた愛良ちゃん、年齢よりも幼児っぽかったれいちゃんよりもバランスが取れたキャスティングである。しかしせっかくTバックをはいているにもかかわらず、おしりをとらえたショットが少ない。特に接近戦がほとんどない。佐々木舞ちゃん同様股間のズームはふんだんにあるが、おしりがない。おしりおしりでせめてくれた三花愛良ちゃんとは全く対照的である。残念。かなちゃんもデビュー作の「はじめまして。かなです」をのぞいてはどちらかというとおしりNGにかたむいており残念である。ぜひ美少女小学生のおしりを堪能したい。
真野しずくちゃん新作「ひかりのしずく 真野しずく」を
EIC-BOOKで購入
楽天市場ジョイアで購入
DMM.comで購入
amazonで購入(写真集)
そして今月22日に5歳児が登場する。園児である。さらに8月にはShoBoh学園に6歳児が登場する。海王社は会田我路作品を縮小する一方ShoBoh学園シリーズに力を入れ始めている。昨年から量産が続いていた会田我路U-15シリーズは、結局5月は1本もリリースなしで終わった。今月も予定はガロマージュからの赤坂沙絵ちゃん1本だけで海王社からのリリースはない。業界の再編が進んでいるのだろうか。低年齢化はとどまることを知らないが、露出はどこまでいってしまうのかが今後のこの世界の最大のテーマである。ちなみに私のターゲットは五年生以上中二前半未満である。14歳デビューではもうおそい。仲村みうちゃんは例外である。

6歳児寧々 ちゃん新作を
EIC-BOOKで予約
DMM.comで予約
楽天市場ジョイアで予約
amazonで予約
6歳児木村葉月ちゃん新作を
EIC-BOOKで予約
DMM.comで予約
ところでかなちゃんの新作はamazonではアダルト商品になっている。これは何を意味するのだろうか。別に意味はないのか、それとも何か恐ろしい事が起りつつあるのだろうか。一方三花愛良ちゃんの新作「少女箱」が秋葉原ジュニアアイドル専門ショップおいも屋本舗しかおいてない。DVDショップラムタラメディアワールドアキバでさえない。しかしそのラムタラには小池凛ちゃんの「悪戯」が再び入荷している。
かなちゃん新作「夏への扉」を
EIC-BOOKで予約
DMM.comで予約
楽天市場ジョイアで予約
amazonで予約
三花愛良ちゃん新作「ハッピーサマー 上巻」を
EIC-BOOKで予約
楽天市場ジョイアで予約
三花愛良ちゃん新作「ハッピーサマー 下巻」を
EIC-BOOKで予約
楽天市場ジョイアで予約
三花愛良ちゃん新作写真集「少女箱」を
amazonで予約

U15映像をタブレットで見れる。レンタルもあり

コメント & トラックバック

No comments yet.

コメントする

カテゴリー

アーカイブ