8月6日発売予定の堂本優奈ちゃん、由莉香(由梨香)ちゃんの新作はどちらもTバックである。7日の芦田実沙寿ちゃん、26日の青木衣沙ちゃんも加え、6月の赤坂沙絵ちゃん以降会田我路作品は全てTバックである。全部Tだ。もはやTしかいらんといわんばかりの怒濤のリリースであるが手抜きかそうでないかの確率はまだ未知数である。由莉香ちゃんはこのジャケ写を見る限りはVもある。次は誰だろうか。事務所つながり、もしくは過去の我路作品出演歴および現状からのみ推察すると、彩音ちかちゃん(赤坂沙絵ちゃん、青木衣沙ちゃんと同じ事務所でユニットを組んでいる)、佐々木舞ちゃん(芦田実沙寿、大西杏奈ちゃんと同じ事務所である)、森彩香ちゃん(小林万桜ちゃんとともに会田我路U-15シリーズの中核をなすと思っていた)、そして小林万桜ちゃんである。Tが標準化した以上万桜ちゃんだってありえない話ではない。だがTバックは恐ろしい。一度はいたらもう脱げない。それだけにTの着用には慎重にも慎重でなければならない。それに私としてはいぶくだセレクトで紹介している作品並みのたまらな度であれば特段Tは求めていない。でも見たい。また心交社、会田我路とともに業界内三大メジャーの一角をなしているいもうと倶楽部のアイマックスはTや高露出・プロレス技に頼らずなおかつ高セールスを上げている。そういうアイマックスの姿勢に私は心から賛意を評するが、はたしてかそのかたくなな姿勢を今後も貫けるかどうかは未知数である。
一方でこの数ヶ月におけるTの量産状態に私は一抹の、いや大いなる不安を感じる。神田神保町のアダルト書店では、寺歩法直前”児ポもの”のコーナーが一時的ににぎやかになっていた事を思い出す。三振前のなんとか、荒らしの前のなんとかというが、恐ろしいことが起る前兆でないことをただただ願うばかりである。
堂本優奈ちゃん新作「ゆうな15才」を
EIC-BOOKで予約
DMM.comで予約
由莉香ちゃん新作「ゆりか13才」を
EIC-BOOKで予約
DMM.comで予約
青木衣沙ちゃん新作「いさ14才」を
EIC-BOOKで予約
芦田実沙寿ちゃん新作「みすず」を
EIC-BOOKで予約

選挙に役立つリンク
「反ヲタク国会議員リスト」
「新・後藤和智事務所~若者報道から見た日本~」

U15映像をタブレットで見れる。レンタルもあり

コメント & トラックバック

No comments yet.

コメントする

カテゴリー

アーカイブ