また自動福祉法で逮捕者がでた。昨日の神奈川新聞の記事である。

女子高校生の全裸に近い水着姿などを撮影しDVDを製作・販売したとして、県警少年捜査課などは三日までに、児童福祉法違反(有害支配)の疑いで、都内の芸能プロダクション「アイアップ」元代表の羽賀秀一(36)、現代表の芝嵜美裕(43)ら四容疑者を逮捕した。
 調べでは、四人は今年三月二十日の午前九時~午後八時ごろまでの間、都内のスタジオで、藤沢市に住む当時十七歳だった県立高校二年の女子生徒に、全裸に近い姿でみだらな行為を連想させるようなポーズをさせて撮影した疑い。羽賀容疑者は「業界の競争が厳しく、利益のために過激な撮影をした」と供述。芝嵜容疑者は「十八歳未満とは知らなかった」と否認しているという。
 自分の作品を見た女子生徒が「こんなに過激とは思わなかった」と県警に被害を届けていた。プロダクションには「日給三万五千円」などと宣伝して集めた十二~二十三歳のモデルが七、八人所属しているという。
 過激な水着姿の作品をめぐっては十月、警視庁が全国で初めて児童買春・ポルノ禁止法違反容疑で業者を逮捕。しかし東京地検は十一月、「悪質性が高いとはいえない」として児童福祉法違反罪に切り替えて起訴した。

芸能プロダクションとなっているが、アイアップとは「fairy」「fairy+」「爆写」シリーズを出しているメーカー「アイドルファクトリー」やU-15動画サイト「LOVEDOL.NET」の企画運営をしている映像制作会社である。対象となったのはおそらく今月25日発売予定だったが中止になった「爆写」シリーズのどれかではないだろうか。このアイドルファクトリーに多くのタレントを出演させている事務所に所属している仲村みうちゃんが、2週間前ほどが持病で活動休止とブログに書かれていたが、同時に同事務所のWebサイトが閉鎖され名前が変わって再開したが、タレントの数が減るなどの不穏な動きもあった。パックリ開いた股間への壮大なピュッピュが敢行された愛川萌ちゃんの「fairly+」「爆写」シリーズ以降このメーカーはおかしな方向にいきはじめたと思ってはいたが、まさかまた逮捕者がでるとは思わなかった。同事務所に所属していた姫咲友梨香ちゃんがデビュー作1本でやめてしまったのもこのあたりに原因があるのではなかろうか。
しかし心交社の時と共通しているのは、撮影された女子高生本人側が警察に訴え出ている事である。ひょっとしてこれはオトリ捜査ではなかろうか。だとしたらU-15の年齢でオトリ捜査は難しいから、当局そのもののねらいはU-15ではないということにもなる。そもそも「自主規制」という日本独自の法外規制を認めている以上、考えようによっては日本の当局はむしろ大衆文化に対して理解があると言えなくもない。訴えがなければ動かないのだから。つまりはやはり規制したくてしょうがない特定の思想団体、宗教団体をバックにもつ政治家の意図が働いているにちがいない。「『日給三万五千円』などと宣伝して集めた十二~二十三歳のモデルが七、八人所属している」などというアバウトな記事も、記者の取材不足でなければ捏造記事である。心交社が東京警視庁、今回は神奈川県警、次は千葉か埼玉か。また、法律で結婚を認めている年齢の女性を自動扱いするのはどうしても私には理解できない。
それにしても、ほんとに「日給三万五千円」などという募集があるのだとしたら、応募はしない方がいい。芸能事務所のWebサイトをみると「登録料、レッスン料などすべて無料」というのがよくあるが、厳密にはこれはウソである。私が所属していた事務所では、女の子は確かにタダだが男の子はかなりの高額な金をとられた。女の子専門の事務所では系列会社や運営会社から出るが、そのような事務所は大手有名事務所だけであり、ほとんどの弱小事務所はなんらかの手段で金を集めなければならない。その一つの手段としてグラビアの仕事、場合によってはAVもありうる。逆に言うと、タダで受けられるレッスンなどたいしたレッスンではない。本当にタダですまそうと思えば大手有名事務所にスカウトされるか倍率何千倍のビッグオーディションに合格するしかない。それが無理なら金を払うか、体をはるしか芸能界への道はない。芦田実沙寿ちゃんの事務所がわけのわからない事を始めたのはやはり経営が苦しいのと同時にタレントを守りたいという意図があるのだろうが、アイドルファクトリーのようにおかしな方向には本当にいかないでほしい。ところで仲村みうちゃんの新作など今後発売予定のアイドルファクトリーの作品はどうなるのだろうか。
心交社のWebサイトも依然リニューチュアル中である。年末にかけてさらなる暗雲立ちこめ始めたU-15界のの今後の行く末はいかに。
【LOVEDOL.NET】
仲村みうちゃん、姫咲友梨香をはじめ
U-15ジュニアアイドルたちのたまらな動画が満載!

U15映像をタブレットで見れる。レンタルもあり

コメント & トラックバック

No comments yet.

コメントする

カテゴリー

アーカイブ