昨日の検索人名ランキングトップ15位である。
1:木内リカ
2:深浦ゆかり
3:伊部管亨
4:ヒミツのじゅにあ雑技団
5:松本あやか
6:三咲エリ
7:山中知恵
8:青木衣沙
9:彩音ちか
10:森彩香
11:倉田みな
12:小池凛
13:荒木秀明
14:山中真由美
15:堂本優奈
木内リカチャンが相変わらず圧倒しているのは「木内リカ」でGoogle検索をかけると私のこのブログがなぜかトップページに表示されるからだと思うが、しかし「深浦ゆかり」でも2ページ目に出る。さらに「三浦由加利」と合わせると木内リカちゃんを超える。DMM.comの今週の売り上げランキングにも上位にくいこんできており深浦ゆかりちゃんへの注目度がしだいに高まってきている。だが木内リカちゃんはさらに上位にはいっており月間ランキングでも真野しずくちゃんの新作など心交社勢は強い。しかしあさって最新作発売予定の朝水れいちゃんへの注目度が低い。やはり新人の深浦ゆかりちゃんの方に関心がいってしまうのはいたしかたがない。ただ先月の木内リカちゃんがあまりにもたまらなすぎたので、あまり過度な期待はしないようにする。
深浦ゆかりちゃんの新作「Little Friend」を
EIC-BOOKで予約すると5%ポイント還元!>>
DMM.comで予約すると25%0FF!>>
楽天市場で検索>>
ところで心交社と言えば外国人ものである。中国人のヒミツのじゅにあ雑技団シリーズに加え、新たに西洋白人の「WhiteFairy」シリーズをリリースする。たぶん東ヨーロッパ系だろう。雑技団にしろ東ヨーロッパにしろ、わざわざ海外にモデルを求めるのは国内のモデルではできないことが可能だろうという理由以外にはないのだろうが、しかし私の求める「アイドルイメージ」の範疇からははずれるので「おとうと倶楽部」同様私はあまり関心はない。いや「おとうと倶楽部」にはまったく関心はない。
私がもとめる「アイドル」とは基本的にいわゆるグラビアアイドルである。歌うアイドルは入らない。どんなに歌がうまくてもそれは私にとってはアイドルではない。言葉が通じて身近に感じるどこかで会ったような気のする女の子が水着、下着、もしくは裸であんなポーズ、こんなポーズをとってくれるたまらない女の子が私にとってのアイドルである。そして今は15歳以下のたまらない女の子が好きでたまらない。中国は知らないが東欧や北欧のいくつかの国やフランスなどは確か子供の裸は合法である。少女の発育途中のほのかなたまらない不安定な肉体。それがたまらない。そして美しい。しかし私が住んでいるこの国ではそのたまらない美しさを堪能する事は法律で禁止されている。武道の気違いどもによる児童虐待ショーを全国放送する事が合法で、なぜ少女の最も美しい姿を記録に残すことが違法なのか私にはまったく理解できない。武道やスポーツにおける虐待によって毎年のように子供が殺されているのである。競技中の事故死ならしかたがないが、練習や授業中に教師が子供を殺すのである。しかしイメージDVDの世界で死人が出たなどという話は私はまだ聞いた事がない。まちがいない。私たちは子供を虐待し殺す事に躊躇しない恐ろしい気違いどもが支配する国に住んでいる。
「WhiteFairy vol.1 ナターリヤ」を
EIC-BOOKで予約すると5%ポイント還元!>>
楽天市場で検索>>
★3商品同時注文でDVD一本プレゼント!
)

U15映像をタブレットで見れる。レンタルもあり

コメント & トラックバック

No comments yet.

コメントする

カテゴリー

アーカイブ