来週1日発売の大西杏奈ちゃんの新作「巫女2」のジャケ写である。同月27日の「MERMAID-X」と同様Tバックが全面復活である。しかもEIC-BOOKでは着エロにジャンル分類されている。ほんとに着エロということはもちろんないだろうが、「MERMAID-X」のシリーズと違ってこちらのシリーズのジャケ写のセンスは抜群にいいものになってきているが、中身がジャケ写においついていないのが実情である。どうせまたスローモーションとかフィルム映像っぽく画質を落としたりとかだろう。それに写真を見る限り、ホテルかマンションの一室で照明も使わずストロボ撮影でお安く上げてそうな雰囲気である。何せこのシリーズの特徴として、カメラマンの影がモデルにかかるというあまりにもシロート並みのミスがミスだと認識されずに堂々と公開されているというノータリンぶりがある。カメラも軽くて不安定な、ひょっとしたらホーム用のハンディカメラを使ってる可能性もある。スローにしたり画質を落としたり自己満足な編集を加えるのは撮影技術のレベルの低さをごまかすためなのだろう。たまらなポテンシャルを持っているだけにもったいない。ギーサー率が低いのが救いではある。
大西杏奈ちゃん新作「巫女2」(6月1日発売予定)の購入はこちら
EIC-BOOKで予約 | DMM.com(25%オフ(予約受付終了))
楽天市場
大西杏奈ちゃんの新作「MERMAID-X」(6月27日発売予定)の予約はこちら
EIC-BOOKで予約(5%ポイント還元) | 楽天市場
昨日の検索人名ランキングトップ10である。
1:真野しずく
2:西野華
3:木内リカ
4:佐々木舞
5:真間美也
6:桃瀬なつみ
7:伊部管亨
8:芦田実沙寿
9:山中真由美
10:河西莉子
明後日新作発売する心交社荒木秀明Tバックシリーズ、いや今作についてはおそらくTはなさそうな真野しずくちゃんがトップにはいる。しかし仮にTがないといっても荒木氏の作品は丹羽紫央里ちゃんなど昨年3月に朝水れいちゃんでT化する以前にも高たまらな作をリリースしており、逆に3週間前に発売された西野華ちゃんの作品のようにTであってもいまひとつたまらな度が低いこともある。一方二週間前に発売された同シリーズの最新作浅岡なみちゃんがランクアウトする日が続く。誤解のないように断っておくが、根拠があるわけではないがなみちゃんはまちがいなく中学生である。大学や高校の運動部の女子には必ず1人はいる小柄で丸顔で胸が小さくおしりが大きくて脚がたくましいちょこまか動き回るタイプの子をなみちゃんを見ていると連想してしまっただけである。だが明らかに同社同シリーズの注目度が落ちているがそれでも木内リカちゃんだけは下がらない。昨年暮れに初登場以来リカちゃんはほとんどランクアウトした事がない。実際リカちゃんはたまらなすぎるほどたまらなかったのだが、7月4日発売予定の同社同シリーズの星ひらりちゃんはどういう方向性なのか気になる所である。
真野しずくちゃん新作「風のしずく」の購入はこちら
EIC-BOOKで予約 | 楽天市場 | amazon

U15映像をタブレットで見れる。レンタルもあり

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カテゴリー

アーカイブ