会田我路センセが、音沙汰のない小池凛ちゃんおよび大西杏奈ちゃんの新作を来月8月29日にリリースする。新作と言っても中身は一年以上前に撮影された蔵出し写真集である。凛ちゃんが画像150点+映像30分、杏奈ちゃんが画像183点+映像30分となっているが、まあどうせろくなもんじゃないだろう。3990円は高い。それでも私の芦田実沙寿ちゃんのが出たらくやしいが買ってしまうかも知れない。杏奈ちゃんと実沙寿ちゃんは2人一緒に撮影をしたと思われるので、杏奈ちゃんが発売中止も含めると4本我路作品をリリースしていることを考えると、2本しか出していない実沙寿ちゃんはかなりの未公開映像があるはずである。
小池凛ちゃん新作「写芝居りん」(8/29発売予定)の予約はこちら
EIC-BOOK(5%ポイント還元) | 楽天市場
大西杏奈ちゃん新作「写芝居あんな」(8/29発売予定)の予約はこちら
EIC-BOOK(5%ポイント還元) | 楽天市場
そしてその杏奈ちゃんだが先月発売された「MERMAID-X」が、あまりにもドイヒーすぎて一生懸命がんばっている杏奈ちゃんが不憫に思い、「巫女-2」も新品を購入した。が、これがまたヒドい。なんと画質が実沙寿ちゃんの「MERMAID-X」と同様の画素数が足りないぼやけ映像である。なんでこういうことをするのかホントに理解に苦しむ。撮影も思った通りホテルかどっかの一室で適当に回したような感じで、和室のセットなどかなりこだわって作り込んでいた実沙寿ちゃんの「巫女」に比べると明らかな手抜き作品である。事務所の運営資金が必要なのはわかるがやるならやるでもっとまともな作品づくりをしてほしい。このやり方はチャームなんとかさんの山中姉妹の使い方に似ているが、これでは一生懸命がんばっている少女たちがむくわれない。しかしいいきざしもある。それはこのシリーズ最悪の難点であるスローモーションや画像処理が一切なく普通のイメージ映像になっている。今後もこの方向性でいくのかそれともたんなる手抜きの一貫なのかはわからないが、もしまたこのシリーズで実沙寿ちゃんの新作をリリースする予定であるならばまあ前向きに期待してもいい。ストロボで目が痛くなるシーンやなぜか動くスライドショーなどあいかわらずかんちがいしているところもあるにはあるがとりあえず目をつぶる。
大西杏奈ちゃん新作「巫女2」の購入はこちら
EIC-BOOK
DMM.com(10%オフ:本日時点) | 楽天市場

U15映像をタブレットで見れる。レンタルもあり

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カテゴリー

アーカイブ