私と私の芦田実沙寿の2人のワンツーフィニッシュである。ただそれだけである。しかしそれがたまらなすぎるああっああっ実沙寿ちゃん。その実沙寿ちゃんと同じ事務所で例のシリーズから新作を今月リリースされた佐々木舞ちゃんの「女子M1-BANG!」であるがダメだこりゃ。6月の前作大西杏奈ちゃんの「巫女-2」ではこのシリーズの特徴であるスローや画質処理が一切なく今後に期待がもたれたのだがこの舞ちゃんの新作では見事にそれらの勘違い映像が復活している。何もしないでただ突っ立っているだけの状態やただ横になっている状態をえんえんと長回しするだけという杏奈ちゃんと同様の手抜き。どうしようもない。ただ私にとっては救いだったのは私の実沙寿ちゃんが登場した事である。6月に事務所の面々でインドネシアへ行った時のスナップ映像である。水着でなくてもたまらなく美しい実沙寿ちゃん。そんなスナップ映像が50分程度のうち1/4、いや1/3近くはあっただろうか。はっきり言って、2007年のギーサーチャンピオンに輝いた紗綾ちゃんのあの作品に近いものがある。これでは実沙寿ちゃんの新作が仮にでたとしてももう何も期待できない。現時点では実沙寿ちゃんの新作リリース情報はなくほんとにもう実沙寿ちゃんには会えないのだろうか。あと一度でいい。最高に美しい実沙寿ちゃんに会いたい。
佐々木舞ちゃん新作「女子M1-BANG!」の購入はこちら
EIC-BOOK(5%ポイント還元)
DMM.com(10%オフ:本日時点) | 楽天市場
★ムダ毛の悩みから恋愛の悩みまで★これこれ倶楽部★で全て解決!!

U15映像をタブレットで見れる。レンタルもあり

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カテゴリー

アーカイブ