言うまでもないがU15たまらな界を愛する諸氏に自民党だの維新だの石原だの笹川だの周辺に投票する人はいないと信じている

気になるのはネット上で表現規制反対を唱えていながら同時に憲法改悪や軍事力増強にも賛同している層が少なからずいることである

早い話が自分がネトウヨレベルであることに気づいていない層である

都議会議員の吉田康一郎や栗下善行など「都条例の時表現規制に反対してくださった」などとこれらの層に持ち上げられているが、その靖国神社というのは表現規制が弾圧レベルで行われていだ時代を「美しい日本」と主張しているカルト神社である。案の定この二人は民主党をぬけて維新に合流した

この二人は表現規制に反対したのではなくて若いオタク層をとりこんで支持層を増やしておこうとでもたくらんでいただけなのだろうそして実際そのたくらみは成功しつつある

こういったネトウヨレベルの層を増やした小林よしのりの罪は重い

言うまでもないが日本においては保守政権=表現規制である

憲法が変わり兵役制度が始まって中国、朝鮮半島、さらには米軍のイラン攻撃に協力時に戦地へ送られるのは愛するU15たまらな界の世代の子供たちである

中国や北朝鮮と戦争をすると言っている狂人連中が政権を握ろうとしているのである

そもそも大阪で表現規制強化を実行している維新の会とつるむ時点でこの吉田と栗下が表現規制に賛成ないしはもともと関心がない証拠だ

ちなみに笹川も表現規制には反対を表明していたが吉田とくりしたと同じで信用はならない

笹川堯の発言「戦後教育は、日教組の方々のおかげでめちゃくちゃになった」

「日本人はこうあるべき」という考え方がすでに表現の自由を認めていない

U15映像をタブレットで見れる。レンタルもあり

コメント & トラックバック

No comments yet.

コメントする

カテゴリー

アーカイブ