» 杏なつみのブログ記事


河西莉子ちゃんの新作である。このジャケ写を見る限り、思いっきり完璧なまでのたまらなすぎるぱっくり。それ以外の写真もかなりおそろしいが、このメーカーの系列は一年前の三花愛良ちゃんの「セカンドインパクト」でやられて以来まったく見てないが、これだけの写真を出しといて釣りはいくらなんでもありえない。そう信じたい。しかし一方でここまでのパックリ映像がほんとうに収録されているとしてもそれはそれで恐ろしい。規制強化の動きがある中くれぐれも暴走しないように願いたい。それとも規制をみすえた最後の打ち上げ花火とでもいうのだろうか。
河西莉子ちゃん新作「りこたむの本性。」の予約は以下で。
EIC-BOOK(5%ポイント還元) | 楽天市場
また4月28日発売予定の私の芦田実沙寿ちゃんの新作はWANTEDシリーズではなかった。実沙寿ちゃんがブログで書いていた新しいメーカーさんとはこれのことだったのである。ああもう実沙寿ちゃん。ああっああっ実沙寿ちゃん。
芦田実沙寿ちゃん新作「美少女コレクション」の予約はこちら。
EIC-BOOK(5%ポイント還元) | 楽天市場
さらには久々の杏なつみちゃんの新作、そしてそして待ちに待った小林万桜ちゃんの新作もリリース予定である。3月4月は私にとってたまらないシーズンとなる。
杏なつみちゃんの新作「ChuBoh学園」の予約はこちら。
EIC-BOOK(5%ポイント還元) | DMM.com(25%オフ)
楽天市場
小林万桜ちゃん新作「「艶めいて咲く花に… 小林万桜」の予約はこちら。
EIC-BOOK(5%ポイント還元) | 楽天市場


明日は木内リカちゃんの写真集「キラキラ」が発売になる。DVDは来週だが、とにかくリカちゃんへの注目度が高い。この数日ほとんどリカちゃんが検索人名ランキングのトップをひとりじめである。ちなみに昨日は次のとおりである。
1:三咲エリ
2:伊部管亨
3:芦田実沙寿
4:小池凛
5:木内リカ
6:かな
7:大塚みなみ
8:泉明日香
7:赤坂沙絵
8:中井ゆかり
9:ヒミツのジュニア雑技団
10:領家ゆあ
11:木村葉月
12:杏なつみ
13:真野しずく
14:吉沢真由美
15:我露
16:愛川萌
言ってるそばからリカちゃんが5位にダウンである。しかし上位3人が奇跡である。この三人で初詣に行けたら私は何度死んでもいい。そして意外に上位に上がらないのが真野しずくちゃんである。
木内リカちゃんの新作「Dream Girl」(→ジャケ写画像)を
EIC-BOOKで予約>>
DMM.comで予約>>
楽天市場で予約>>




最近私のブログで検索ランクが上がってきているのが大塚みなみちゃん中三である。このルックスにして大胆ポーズ、過激ポーズがウリである。もし彼女が13歳以下なら私もとびついていたであろうかなりの美少女である。つい二ヶ月ほど前にいもうと倶楽部から突如登場して以降怒濤の三本固めうち、毎月25日はみなみちゃんの日である。しかしこの子は大丈夫なのか。今月25日にも最新作「エチュード」が発売予定だが、秋葉原U-15専門店おいも屋本舗ネットショップのウェブサイトにものすごいサンプル画像が掲載されている。開脚というよりもはや股間おっぴろげである。中三の少女が思いっきり股間をおっぴろげている。これでいいのだろうか。Tバック、Vバックのような露出よりもむしろよほど”過激”ではないかと感じる。だが正直言って、これこそがU-15たまらな界のいきつくべき到達点ではないかと考える。13歳以下ならまちがいなく私も飛びついていたであろう。しかし到達点というのは到達してはならないから到達点なのである。決して到達してはならない。しかもこれだけの美少女がいきなり到達点からスタートするのは、考えたくはないがおそらくワケアリである。でも見たい。しつこいが、13歳以下ならまちがいなく私も飛びついていたであろう。私の芦田実沙寿ちゃんがここまでおっぴろげたら、私はまちがいなくショック死する。だがやはり到達点には到達してはならない。
とはいうものの、最近のいもうと倶楽部は心交社、我路センセのTバック露出路線に対し、どうやらこの「開脚」もしくは「過激ポーズ」に今後の方向性を見いだしているように見える。先月発売された真奈ちゃんの最新作「美少女学園Vol.35」では、本編ではそれほどでもないがメイキング編であおむけでの開脚シーンがある。エチュードシリーズの最新作の杏なつみちゃん11才でも、やはりメイキングで片脚を持ち上げてのおっぴろげシーンやうつぶせでの開脚股間に接近シーンがある。同じくエチュードシリーズの森彩香ちゃんも高たまらな度を示しており、ピンク色の表紙の頃の初期の美少女学園シリーズのころより明らかに”過激化”し、元祖”過激化”我路センセがちょっとした開脚すら封印しているのとまったく対象をなしてきている。しかし私は最近のこのアイマックス作品のメイキング編は、まるでのぞき撮りをしているようでいまひとつ納得がいかない。正直言ってのぞきたい。だが実際にのぞいてはならない。でも見たい。そののぞかなければ見る事ができないような少女の美しいほのかなシーンを見れるところにイメージDVDの存在意義があると考える。しかしそれは決してのぞき行為そのものを疑似体験したいわけではない。だからメイキング編ではなく本編で同レベルのたまらなショットが欲しい。
今後のU-15たまらな界はどのような方向性へと向かうのか、はたまた暗黒時代をむかえる時はくるのか、とにかく予断を許さない。
大塚みなみちゃんの新作「エチュード」を
EIC-BOOKで予約
DMM.comで予約
楽天市場で予約
昨日の検索人名ランキングである。
1:三咲エリ
2:かな
3:笠井恵利香
4:赤坂沙絵
5:大塚みなみ
6:姫咲友梨香
7:大西杏奈
8:芦田実沙寿
9:小池凛
10:守山理恵
11:伊部管
12:藤軍団
13:愛川萌
相変わらず三咲エリちゃんが不動の1位である。かなちゃんが2位を確保、笠井恵利香ちゃんも上位に再浮上。そして赤坂沙絵ちゃんも実はコンスタントにランク入りしている。守山理恵ちゃんが突然のランク入りである。

たまらない。ほんとにもうたまらなすぎる。笠井恵利香ちゃんの心交社11才Tバック最新作「えりか100%」は、想像をはるかに超えた高たまらな度を記録した。この子はワンピースがとってもよく似合う。制作者もそこを理解しているらしくワンピースだけので一切水着にもならないチャプターまである。ピンクのワンピース姿でソファーの上でまったりしている恵利香ちゃん。パンチラすらない。しかしどういうわけかそれだけでもたまらない。最初のチャプターでは生地が薄いワンピースで登場、パンティーラインがひびいてTバックをはいていることがはきりとわかる。下からのアングルで迫るカメラ。しかしギリッギリの所で中は見えない。しかしそれがたまらない。後ろを向いた恵利香ちゃんはついにワンピースのすそをたくしあげ脱ぎ始める。ああダメ恵利香ちゃん、脱いじゃダメ・・・という私の声も届かず、11才のプリップリのおしりがあらわになる。以降スクール水着、ブルマのチャプターを加えて全編を通してほとんどがTバック。そしてくっきりくいこんだ11才のたまらないタテスジ。恵利香ちゃんの11才のたまらない少女の肉体が画面いっぱいに焼き付けられる。プールのシーンでは、浮き輪につかまって平泳ぎをする恵利香ちゃんの後ろから水中カメラがその股間をとらえる。ダメ恵利香ちゃん、ダメ・・・という私の声も届かず恵利香ちゃんは壮大に脚を開き、神々しくもたまらない11才のおしりの谷間の奥があらわになる。Tの布切れがねっちりとへばりついたおしりの谷間の奥がパックリ開く。そしてみっちり閉じる。パックリ開く。みっちり閉じる。パックリ開く。みっちり閉じるパックリ開く。みっちり閉じる。閉じる瞬間その中心から空気の泡がぷくぷくと浮き上がる。ほんとにたまらない。白のTバックビギニでソファーの上でまどろむ恵利香ちゃん。ダメ恵利香ちゃん、そんな格好しちゃダメ・・・という私の声も届かず恵利香ちゃんは片脚を持ち上げる。両脚を持ち上げる。カメラはその無防備なたまらない11才の少女のほのかな股間に急接近。そして後ろ向きになっておしりをつきだす。たまらなすぎる11才の神々しいおしりの谷間の奥まで明確にくっきり画面に鮮明に映し出される。ほんとにもうたまらなすぎる。これでもはや今年最大の問題作だったぶんか社版「あんな12歳」は完全にに過去の作品となった。あんなちゃんに特別な思い入れがあるのでなければ1万円以上もの法外な金を出して買う必要もない。本DVDは3360円である。しかも「あんな12歳」のような品のない映像とはちがい、この作品は心交社としては非常に美しい映像に仕上がっている。BGMとのマッチングも絶妙ですばらしい。全体的にもしっかり作りこまれていてムダのない、映像作品として非常に高レベルな仕上がりとなっている。恵利香ちゃんのかわいい八重歯もとっても魅力的でたまらない。虫がまとわりついても微動だにしないプロ根性もすばらしい。とにかくもう現時点では本年度最高のたまらない1本である。ほんとにたまらないもうたまらない恵利香ちゃんたまらないダメそんな事しちゃダメ恵利香ちゃんああっダメたまらない恵利香ちゃんダメたまらないああっえ恵利香ちゃんああっダああっ恵利ああっえああっああっああっああっ・・・・・
私は彼女が六年生だと勝手に思い込んでいたのだが、まだ五年生であった。まだ五年生である。五年生のたまらないプリプリの美しいほのかな肉体が思う存分堪能できるたまらない1本である。
昨日の検索人名ランキングは以下の通りである。
1.笠井恵利香
2.小池凛
3.真奈
4.赤坂沙絵
5.伊部管亨
6.美月りん
7.大西杏奈
8.三咲エリ
9.山崎りかこ
10.真野しずく
11.堂本優奈
12.神崎美優
13.芦田実沙寿
14.間宮小春
15.杏なつみ
16.吉沢真由美
17.倉田みな
18.涼川夏飛
19.愛川萌
この1週間不動の1位であった来月12日この画像のようなゆるゆるのヒモビギニで登場予定の今注目のこの画像で判断する限りごらんの通りの美形11歳三咲エリちゃんが8位に急後退である。代わって笠井恵利香ちゃんが1位を
奪還。注目は私が5位にくいこんでいる。ちなみに「伊部管」「いぶくだとおる」も「伊部管亨」にまとめている。
笠井恵利香ちゃんの新作「えりか100%」を
(サンプルムービー:サンプル画像|1|2|3|4|5|6|7|8|9|10)
EIC-BOOKで購入
DMM.comで購入
楽天市場で購入
amazonで購入
三咲エリちゃん新作を
EIC-BOOKで予約
DMM.comで予約
楽天市場で予約




小池凛ちゃんの最新作である。3990円の庶民価格である。パックリ開いた股間にはっきり明確に浮かび上がるしみ。本物のしみか演出かどうかは知らないが、美しい凛ちゃんのこんな姿は見たくなかった。ピュッピュよりヤだ。おまけに凛ちゃんはへそにピアスをしている。耳にもかなり穴をあけている。ホラーでない映画でも注射のシーンは目をそむけてしまう私としては、体に何かが刺さっていると思うだけでも痛い。将来スターになる凛ちゃんが、ピアスはともかくこんなチープで汚らしい仕事はしてはならない。手抜き作品でもいいから5770円にとどまっている方がいい。
小池凛ちゃん新作「恋愛少女 小池凛」を
EIC-BOOKで購入
「小池凛14才」を
EIC-BOOKで予約
DMM.comで予約
楽天市場で検索
amazonで検索
明日はアイマックスの日である。現時点では最も安心して見れるメーカーである。内容と価格面のバランスも取れている。露出やプロレス技に頼らない一貫したぶれない姿勢もすばらしい。金子美穂ちゃんは、4月の「エチュード」、6月の「美少女学園Vol.30」、7月の「スク水コレクション6」とかためうちである。「美少女学園Vol.30」はかなりたまらな度は高く美穂ちゃんはとってもかわいいが、いかんせん若干まだ幼児体型である。私としては1年後に期待したい。


心交社のWebサイトによると、ShoBoh学園ですでにリリースしている間宮小春ちゃんが、来月31日心交社からTバックデビューする。このサンプルムービー
ではひかえめになっているが、ジャケ写(仮)ではこんなかんじである。朝水れいちゃん真野しずくちゃんと同じ路線であろうが、我路先生が中学生に集中しているのに対し、心交社のリアルTは小学生に主軸をおきつつある。次は誰だろうか。心交社の小学生と言えばかなちゃん金子美穂ちゃん杏なつみちゃんなどが思い浮かぶが、まさかかなちゃんがTバックになることはないであろう。だが2007年のU-15たまらな界では何が起るかわからないが、私としてはできるだけ露出に頼らない作品作りを目指してほしい。でも見たい。しかしTバックは一度はいたら二度と脱げない恐ろしいアイテムである。それだけに着用には慎重の上にも慎重な検討が必要である。そしてこのTの大量生産が、恐ろしい事が起る前兆でない事をただただ祈るばかりである。
朝水れいちゃんの新作「だっこして」を
EIC-BOOKで購入
DMM.comで購入

の続きを読む »

カテゴリー

アーカイブ