» 泉明日香のブログ記事

2004年から始まった小林万桜+会田我路時代。「セーラー服疑似パンチラ」「疑似手ブラ」など当時としては”過激路線”を展開した我路作品に対抗し、それ以前から写真集などすばらしいU15作品をリリースしてきた心交社、後のイメージクリエーターが「アンチ我路」をめざしたかどうかは知らないが、2006年、ついにU15たまらな界にTバックを導入した。それがTバック中学生として一世を風靡した泉明日香ちゃんである。その泉明日香ちゃんのTバック+心交社以前のデビュー作がこの「アイドル魂Jr. 泉明日香 Part.1 現役中学1年生」。明日香ちゃんの初期作品として貴重な本作がまだダウンロードで入手可能である。

LuckyWave浅岡なみジャケ写画像
昨年10月の心交社の逮捕事件から早くも1年になるが、この10月もU15たまらな界に何かが進行しつつある。ここ数ヶ月清純いもうと倶楽部のWebサイトがアクセス不能になる事がたびたびあったが、10月にはいってからトップページの少女の水着画像が消え、サンプルも見れなくなった。ブログも会員にならないと見れない。またU15の電子写真集のダウンロード購入ができる電子書店パピレスではU15いもうと系へのリンクが削除され、直接検索をかけなければ見つからないようになった。さらには会田我路センセの「いもうとプラス」も今月いっぱいで閉鎖になるもようである。水面下で何かが進行しつつある。その動きの中心であろう心交社いやイメージクリエーターのWebサイトもようやく更新されたがやはり淺香ことみちゃんは荒木秀明氏の作品ではない。ニコニコフラワーロック立花風香表紙画像そしていもうと倶楽部やパピレス、我路センセらの動きと関係があるのかはわからないが、本日発売されたその荒木氏の最新作浅岡なみちゃん「LuckyWave」だが同社だけはジャケ写を裏切らないと信じていたのだがこれは・・・・・その上DMM.comではこのなみちゃんの新作や西野華ちゃん新作のほか心交社のU15作品の多くが削除され現時点で残っているのは浅岡なみちゃんの前作真野しずくちゃんの前作木内リカちゃんの前作の3本だけである。泉明日香ちゃんの作品は完全に消滅した。
これらの動きは何を意味するのか、どうか私の思い過ごしである事をただ祈るしかない。そして12月のイメージクリエーターのリリース予定の立花風香ちゃんはおそらく荒木氏の作品だと思うがどういう方向性になるのか非常に気になる所である。なお、楽天ダウンロードではU15系へのリンクは通常通り無事である。
浅岡なみちゃん新作「Lucky Wave」の購入はこちら
EIC-BOOK(5%ポイント還元) | 楽天市場 | amazon
淺香ことみちゃん新作「ましゅまろっ娘」(11/7)の予約はこちら
EIC-BOOK(5%ポイント還元)
楽天市場


先月25日に発売された安西かなちゃんの新作「ハニー・ラテ」であるが、私の予想を裏切り、心交社を離れて以降のかなちゃんの一連の作品の中ではたまらな度急上昇である。思ったほど化粧も濃くはなかったが冒頭の挨拶がやや芝居かがっているのが気にはなる。しかし面積の小さめの白水着ではおしりの割れ目の上の方がやや出かかっていてもうちょっとで半ケツ状態。これはたまらない。テニスウエアでのM字、そしてああソファで仰向けになったかなちゃんがM字状態でそのほのかな股間をもぬっと突き出したまらないぬんもりを強調している。ただアップはなくカメラの動きもやや安定感に欠ける。しかもカメラマンがアホで照明とかなちゃんの間に思いっきり入りかなちゃんに思いっきり影が映ってしまっている。これを堂々と映像商品として出す感覚にはついていけないが、しかしスクール水着のチャプターでは、平泳ぎをしているかなちゃんの水中後ろパックリああっああっかなちゃんさらに無防備なかなちゃんに水がピゅピューッと一方的にあびせかけられる。胸から下腹部までようしゃなくピューピュッ。水鉄砲だとすぐわかるのだがしかしなぜこのような演出をしたのか。もちろん一年前の愛川萌ちゃんの壮絶白液ピュッピュほどひどくはないが、私はあまりこのような演出は好きではない。とはいえ全体としてはかなちゃんのたまらなポテンシャルがようやく引き出されてきた感がある。しかしこれが限界、という気もする。はたして次回作があるとすればどような作品となるか、かなちゃんから目がはなせない。また化粧はそれほど濃くなかったとはいえ、やはりアイラインはやめた方がいい。
安西かなちゃんの新作「ハニー・ラテ」(8/25発売)の購入はこちら
EIC-BOOK | DMM.com(10%オフ:本日時点) | 楽天市場

昨日の検索人名ランキングトップ10である。
1:西野華
2:ヒミツのじゅにあ雑技団
3:小池凛
4:赤坂沙絵
5:愛川萌
6:大石夏美
7:浅田ひとみ
8:山田レイナ
9:安西かな
10:結城ひな
いよいよ今週金曜に心交社荒木秀明氏の最新作「Flower Party 西野華」の発売がせまった西野華ちゃんがトップであるが、昨日はたまたまトップに入っただけで特に注目が集まっているというわけではない。やはり華ちゃんの前作、そして先月発売され私の個人的な期待は大きく外れてしまった香山エリちゃんの内容から考えるともはや同社同シリーズに大きな期待は出来ない。一年前の壮絶白液ピュッピュ以降まったくリリースのない愛川萌ちゃんや、先週蔵出しデジタル写真集+30分の特典映像作品がリリースされた小池凛ちゃんが久々にランク入り、しかも上位に入るなど、心交社のトーンダウンによって全体的に混沌としてきている。
愛川萌ちゃん、仲村みうちゃん、泉明日香ちゃんも出演の最新作「LOVE DOL T’s<ラブドルティーンズ>」(9/30発売予定)の予約はこちら
EIC-BOOK(5%ポイント還元)
楽天市場 | amazon(24%オフ:本日時点)
小池凛ちゃん最新作「写芝居りん」の購入はこちら
EIC-BOOK | DMM.com(10%オフ:本日時点)
楽天市場 | amazon
STOP!今そこにある「漫画・アニメ禁止法案」
漫画を描いたり、アニメ見る事が罪になる、そんな法律が作られようとしています。


先週香山エリちゃんの心交社荒木秀明新作「Eri’s Island」が、私にとっては満を持して発売された。とりあえず一言だけまず言っておく。心交社は折れたのである。簡単に言うとエリちゃんの前作をはじめ、深浦ゆかり木内リカちゃん三咲エリちゃん笠井恵利香ちゃんらの作品でたまらなすぎるほどたまらなすぎたあんなシーンやこんなシーンがすべて封印、というよりカット編集されてしまったということである。もちろん他社に比べればそうとうたまらないことはたまらないのであるが、例えば最初のプールのチャプターでは平泳ぎ水中後ろパックリああっそして正面を向いたエリちゃんが水中とはいえああっああっおもいっきり正面パックリおっぴろげあああっあああっエリちゃん。冒頭からこれではどういう展開になっていくのだろうかと思い気やしかしピークはそれだけで後は特にどうということもなく終了してしまった。Tバックでの四つん這いバックショットは完全カット、まったくないわけではないが遠景でチラッとしかない。横向きで膝抱えポーズではそのかわいいお顔から徐々に下の方にカメラがパンしていくがエリちゃんのたまらないほのかな股間が見切れた瞬間フェイドアウトしてしまう。観終わった後のこのふん詰まり感は我路センセやアイマックスのギーサー作品を見た後のあの感覚に近い。我路センセやアイマックスほどひどくはないしエリちゃんのああっその白くて美しいおしりはありあまるほどたまらなすぎるのではあるが、しかし何があっても動じなかった心交社がついに折れたのである。2月の深浦ゆかりちゃんから5月の西野華ちゃんまで三ヶ月も開いた事実、そしてその華ちゃん以降の一連の同シリーズの内容を考えるとやはりそう結論せざるを得ない。3月の泉明日香ちゃんの新作のトーンダウンな内容を鑑みても今年の早い段階で心交社は折れていたのである。残念である。U15DVDに関しては何一つ違法行為はしていないにもかかわらずこの展開である。
ただ過度な期待をしてはならないと言いながら実は過度以上の期待をエリちゃんの新作にしていた私の見方にも問題はある。さらに今日心交社いやイメージクリエーターのWebサイトに公開された9月5日発売予定の西野華ちゃんの新作「Flower Party」ジャケ写を見る限り、折れたどころかむしろテンションが思いっきり上がっている。表紙の思いっきりくいこみTバック、そして裏ではああっ仰向けでのおっぴろげショットなどちょっともうああっああっ華ちゃん。エリちゃんも写真集ではたまらなすぎるおっぴろげショットの見開きがあるがああああああエリちゃんああああっこの華ちゃんのジャケ写ほど大きくは広げてはいない。もちろんDVDのジャケ写には使われていないし当然本編にもない。だがこの華ちゃんの新作の場合写真集の裏表紙にも同じ写真が使われており、おっぴろげシーンは写真集にはあるがDVDにはないという”準ギーサー”パターンの可能性もある。この程度の準ギーサーはTバック化以前の同社にもみられたが、それともいよいよ荒木氏および心交社も我路センセやアイマックスのような本格的なサギー商法にシフトしていくのか、同社の展開が読めない、および同社の行く末を考えると当分眠れない。
香山エリちゃん新作「Eri’s Island」の購入はこちら
サンプルムービーはこちら
EIC-BOOK
DMM.com(10%オフ:本日時点)
楽天市場 | amazon(写真集)
西野華ちゃん新作「Flower Party」(9/5発売予定)の予約はこちら
EIC-BOOK(5%ポイント還元) |
楽天市場

STOP!今そこにある「漫画・アニメ禁止法案」
漫画を描いたり、アニメ見る事が罪になる、そんな法律が作られようとしています。


これは逮捕事件の影響と見てよいのだろうか。昨日心交社荒木秀明氏のTバックシリーズ新作で西野華ちゃん10歳の「Flower Garden」が発売されたが、3ヶ月前に発売された前作の深浦ゆかりちゃんまでとちがい撮影されたのはおそらくは逮捕事件後だと思われる本作品だが、前作までにみられた四つん這いでおしり突き出し、ひざ抱え上げ股間アップ等さまざなたまらなショットが今作ではほとんどなくただ立っているだけ、うつ伏せに寝ているだけといったシーンばかりが目立つ。白水着のシーンだけ四つん這いや微妙な開脚シーンなどあるものの前作までに比して明らかにトーンダウンしている。急激なトーンダウンである。3月発売された泉明日香ちゃんの卒業作も最後の最後にして突然のトーンダウンだったがこの一連の心交社作品の変化は何を意味するのだろうか。もっとも同じ荒木氏の作品でも朝水れいちゃん真野しずくちゃんの最新作は私は見ていないので、たまたま私が見た深浦ゆかりちゃん木内リカちゃん三咲エリちゃん笠井恵利香ちゃんがたまらなすぎただけなのかもしれない。この4人の作品と比べれば見所はほとんどないが他社の作品に比べればもちろんたまらな度は相当高い。ルックスが思っていたほど私のタイプではなかったということもある。とはいうもののやはりあまりにも急激なトーンダウンではある。16日発売予定の荒木氏の次回作の浅岡なみちゃん「Pink Wave」の内容いかんで今後の心交社の方針が明確になると予想される。どうか私の思い過ごしある事を願ってやまない。
西野華ちゃん新作「Flower Garden」の購入はこちら
EIC-BOOK | DMM.com(10%オフ(本日現在)) | 楽天市場
浅岡なみちゃん新作「Pink Wave」の予約はこちら
EIC-BOOK(5%ポイント還元) | DMM.com(25%オフ(本日現在)) | 楽天市場
昨日の検索人名ランキングトップ10である。
1:西野華
2:木内リカ
3:浅岡なみ
4:ケイティー
5:領家ゆあ
6:深浦ゆかり
7:山田レイナ
8:三咲エリ
9:赤西安未
10:河西莉子
トップ3はもちろん5人が心交社荒木秀明Tバックシリーズが入り、あいかわらず同シリーズへの関心度は高い。今後の同社の動向を気にしだすとほんとにもう眠れない。私と、そして来週10日に新作リリース予定の私の芦田実沙寿ちゃんがランクアウトしたが、その来週発売予定のWANTEDシリーズ「A Perfect Holiday」は、このジャケ写を見る限りギーサー臭ぷんぷんである。ギーサーもしくはこのシリーズのいつものパターンどおりどうせスライドショーオチであろう。だいたいこのシルバーの水着は見覚えがある。まちがいなく買うが期待はしない。
5月10日発売予定の芦田実沙寿ちゃんの新作「A Perfect Holiday」の予約はこちら
EIC-BOOK(5%ポイント還元) | 楽天市場
6月27日発売予定の芦田実沙寿ちゃんの新作「MERMAID-X」の予約はこちら
楽天市場
★3商品同時注文でDVD一本プレゼント!
★宅配DVDレンタルを徹底比較
★0円で出会い実現!遊べる即会いサイト
★医療植毛のQ&Aでお悩みすっきり。無料相談、予約受付


昨日新宿紀伊国屋書店に行ったら、心交社の写真集が跡形もなく姿を消していた。この書店は昨年の逮捕事件時でも撤去せずに通常どおり販売を続けた気骨ある書店だったのだが。たまたま品切れになったのだけかもしれないが泉明日香ちゃんの新作までが一冊もないというのはおかしい。写真集を多く扱う書泉秋葉原ブックタワー店でも姿を消している。神保町ブックマート店では心交社のコーナーは残してあるが旧作のみ、グランテ店ではコーナーは消えたがなぜか新作のみを他の写真集の間の隙間に気づかれにくいようにこっそりと置いてある。三省堂は泉明日香ちゃんだけがたまに置いある事があるが事実上取り扱っていないに等しい。アダルト書店老舗の芳賀書店は確認していない。
この紀伊国屋の動きが何かが起る予兆でないことをただただ祈るしかない。
中井ゆかりちゃんの新作「Switch!」のパックリ半ケツサンプルムービーはこちら>>
赤坂沙絵ちゃん新作「沙絵のすべて」の下乳べちょべちょサンプルムービーはこちら>>
泉明日香ちゃん「LOVE ISLAND」のサンプルムービーはこちら>>
昨日のアクセス人名ランキングトップ10である。
1:木内リカ
2:安西かな
3:領家ゆあ
4:深浦ゆかり
5:美月りん
6:芦田実沙寿
7:真奈
8:中井ゆかり
9:桜井未來
10: 河西莉子
欧米人ひもT自動シリーズがいっせいに姿を消したかわりに新作をリリースしたばかりの安西かなちゃんが急浮上し、私が抜け落ちた以外は特にこれといった変化はない。木内リカちゃんの天下は当分続きそうだが、その天下を崩す勢いのあるのがなぜ領家ゆあちゃんなのかがよくわからない。


かなちゃんの最新作であるが、あいかわらず亀よりおそい超スローなカメラワークにイライラして早送りを繰り返していたらいつのまにか90分たっていたといういつものmoeeco状態だったりする。作文の宿題で字数を埋めるためにどうでもいい文章を無理矢理ひきのばしてなんとか枚数稼ぎましたという感じに近い。ただかなちゃんのたまらない股間をアップで撮るなど前作よりはまあまあマシではある。一方私の芦田実沙寿ちゃんの新作は、まったく期待してはいなかったのだがさらにそれ以下の内容だったりする。シロートのパパが家庭のホームビデオをまわしているのと大差ないどうしようもなく救いようのない映像がだらだらと続きあっという間に終わる。どちらのメーカーも、実沙寿ちゃんが出演するなどよほどのことがない限りもう二度と買わないだろう。moeccoのメーカーはいいかげんおやめになって以前のように心交社とコラボった方がかわいいかなちゃんのためにもよい。心交社をささえてきた泉明日香ちゃんが中学卒業した今ならチャンスである。来月発売の実沙寿ちゃんの新作のメーカーは、過去に我路作品でしか見た事がないので実質初めてとなるがこの分では先が思いやられる。どうも今年は不作続きだが、やはりその我路センセが撤退したのとタレント不足ということがあるように思われる。私の実沙寿ちゃんをたまらなく美しく撮れる素敵なメーカーの登場をわずかながらでも期待しておく。
秋葉原ラムタラメディアワールドアキバに実沙寿ちゃんのDVDを買いにいった時、黒人の2人組のワカゾーがU15のコーナーでまじまじと興味深そうにDVDを見つめていた。日本はいい国だ。しかし彼らは日本のAVにはモザイクでかんじんの部分が見えないという事を知っているのだろうか。この規制のおかげで日本はマフィアの”資金源”を提供している。寺歩法が強化されればますますマフィアのふところがうるおうことだろう。
安西かなちゃん新作「小学校・卒業アルバム」の購入は以下で
EIC-BOOKで購入 | DMM.comで購入 | 楽天市場
芦田実沙寿ちゃん新作「Meister 08」の購入は以下で
EIC-BOOKで購入 | 楽天市場で購入
芦田実沙寿ちゃん新作「美少女コレクション」の予約はこちら。
EIC-BOOK(5%ポイント還元) | 楽天市場
★3商品同時注文でDVD一本プレゼント!
昨日のアクセス人名ランキングトップ10である。
1:木内リカ
2:領家ゆあ
3:ジェニファー
4:芦田実沙寿
5:伊部管亨
6:神崎美優
7:西野華
8:大西杏奈
9:ケイティー
10:船岡咲
私と実沙寿ちゃんのたまらない密着。そしていつもどおり木内リカちゃんである。ほとんど鉄板状態である。今月来月で3本リリースの領家ゆあちゃんが急浮上である。欧米人自動ひもTシリーズも強い。そして朝水れいちゃん真野しずくちゃん木内リカちゃん深浦ゆかりちゃんなど一年前から小学校低学年から中学生のTバック作品をリリースしてきた心交社Tバックシリーズの荒木秀明氏の5月の新作である西野華ちゃんが、前回記事を書いたとたんランク入りである。

カテゴリー

アーカイブ