» 心交社のブログ記事

公開されたのは2017年4月だが撮影されたのは2005年5月らしい15Tバック動画。30分の長い動画だが前半にたまらな美をたんのうできる。例の神戸のサンバチームかどうかわからないが神戸ではある。2005年はまだ当ブログはスタートしていないが2月にはしほの涼ちゃんがファースト写真集「1st りょうおもい」で心交社(後のイメージクリエーター)デビュー。前年の2004年は小林万桜ちゃんがぶんか社+会田我路から写真集デビュー。それ以前改正児ポ法以後から心交社+荒木秀明がU15写真集を出しつつけて来ておりその中にはAKB48の大島優子などの写真集もある。U15たまらな時代黎明期。15年以上も前の話である。もはや「歴史」の一部となる。小林万桜ちゃんやしほの涼ちゃんの作品はダウンロードで購入可能。

荒木秀明写真集

制服美少女図鑑 まお12歳MILKYPOP しほの涼12歳

今月はChu→Bohシリーズの最新作のリリースもなく、どっかのメーカーが10年くらい前のU15たまらなアイドルの映像を再利用して名前を変えてリリースするというクソのような作品以外は壊滅状態のU15界。狂人が都知事になって一年。街には石原時代並、いやそれ以上の警官がウロウロしている状況で、私達のU15たまらな界に再び黄金時代が訪れる可能性はもはやないだろう。しかし意外にもオークションサイトでも旧作の取引は思ったほど高値にはなっていないが、イメージクリエーターのT作品は高額取引が続いているようである。私も新作がリリースされない以上旧作をリピートするしかないが、リピート回数が多いのはイメージクリエーターのTシリーズである。Tだけではなく私の芦田実沙寿ちゃんなどあのかがやかしい黄金時代、2007年から2008年にかけてリリースされた数々のたまらな作品。もう10年も前である。10年もたてば、あの頃の事を知る人自体も少ないだろうし、オークションでもそれほど競られることもないのだろうか。というより出品する事自体がきびしいのかもしれない。

朗報、と言えるかどうかは微妙だが、かつてのアイマックスのタイトル「美少女学園」や「ニーハイコレクション」がアイマックスのほぼ着エロレーベルウーノから復活しているのは以前にも書いたと思うが、最新作はすでにO18の西野花恋ちゃんであるが、今後もかつていもくらで活躍したU15たまらなアイドルたちが復活するのだろうか。牧原あゆちゃんとか。黒宮れいちゃんはまだU18か。椎名ももちゃんとか。まあないだろう。

心交社イメージクリエーターのT弾圧後のダメージの残るU15たまらな界に救世主のように現れ2010年から2013年まで牧原あゆちゃんとともに「あゆもも」としてTぬきでU15たまらな界に黄金時代をきずきあげた椎名ももちゃんが4月から大学生となりタレント活動を引退したそうである。あの美しいももちゃんがますます美しくなって大学生である。同時代に椎名もも、牧原あゆ、相川聖奈という3人ものたまらな美少女がいたあの時代はまさにU15たまらな界のもう二度とやってこない奇跡である。この三人がいた時代の記事を私の失態によりごっそり消失してしまったのは後悔してもしきれない。

2004年から始まった小林万桜+会田我路時代。「セーラー服疑似パンチラ」「疑似手ブラ」など当時としては”過激路線”を展開した我路作品に対抗し、それ以前から写真集などすばらしいU15作品をリリースしてきた心交社、後のイメージクリエーターが「アンチ我路」をめざしたかどうかは知らないが、2006年、ついにU15たまらな界にTバックを導入した。それがTバック中学生として一世を風靡した泉明日香ちゃんである。その泉明日香ちゃんのTバック+心交社以前のデビュー作がこの「アイドル魂Jr. 泉明日香 Part.1 現役中学1年生」。明日香ちゃんの初期作品として貴重な本作がまだダウンロードで入手可能である。

かつて心交社→イメージクリエーターで数々のたまらなTバック作をリリースしU15たまらな界黄金時代をささえた荒木秀明氏が先月ひそかに新作U15DVDをリリースしていた。ジャケ写画像を見る限りなかなかのたまらな感。購入方法は同氏のWebサイトから直接問い合わせる必要がある。あえてリンクははらない。販売期間も不明だが長期間は期待できない。Chu→Bohやアイマックスなど他のU15たまらなメーカーが今年以降の新作リリースを予定していない状況から考えるとこの荒木氏のDVDの販売もすでに先月までで終了しているかもしれない。

荒木秀明氏の作品レビューはこちら

U15たまらな三大メーカーの一角イメージクリエーター旧心交社が昨年8月を最後に消滅したのに続き、残りのChu→Boh、そしてアイマックスも来年以降のリリース予定が現時点でない。とうとうU15たまらな界は終焉をむかえる、いや2016年を最期にすでに終わっているのだろうか。

カテゴリー

アーカイブ